中古ドメインでSEO対策するなら有効と言われています。何かとメリットが多いのでSEO対策と使うなら中古ドメインをお勧めします。これから始めようとお考えの方はこれから中古ドメインのお話をするので是非参考になさってください。

SEO対策として中古ドメインを使うとメリットが多いことに喜ぶ女性

中古ドメインを別サーバーで運用するモデル

中古ドメインは同一サーバーで運用することが多かったのですが、幾つかの理由で別サーバーで運用するモデルが増えています。中古ドメインを別サーバーで運用する理由は主に2つあります。1つは中古ドメインが持つインデックスなどの検索サイトでの評価があります。評価は検索サイトが独自に付けるものですからサイト側は手出しできないのですが、コンテンツが良くても同じサーバーで多数のウェブサイトがある場合は評価が下がりやすくなっています。特にバックリンクをやり取りしていると気づかれると一気に評価が下がることがありますので出来る限り別サーバーにする必要がでてきます。同一サーバーで複数運用する場合は分散IPサービスなども活用して別サーバーに見せることが大事です。中古ドメインを別サーバーで運用する理由の2つめはバックリンク対応です。中古ドメインによっては大量にバックリンクを持っているケースがあります。一般的にバックリンクは急激なPVにつながらないと考えられてきましたが、SNSでのバックリンクが生まれてきたこともあって考え直されています。SNSは過去のバックリンク付きの記事であっても掘り起こされるケースが多々あります。その場合、再度拡散するのですが、SNSでの拡散は爆発的であることが多く、ウェブサイトが対応しきれないケースになりやすいです。特に同時期に中古ドメインを同一サーバーで活用すると爆発的なPVでダウンさせられたケースも多々あります。サーバーダウンは機会損失にほかなりませんし、SNSの場合はその後のリンク作成や拡散にも悪い影響が出やすいです。別サーバーにすることはリスク回避の面でも重要となってきています。